2018年11月06日 10:47  

規矩術という技があります


鉄骨現場で屋根の造作です、今回は屋根が少し変形で(振れ隅木)が入ります


屋根の山になる部材ですが通常平面で見ると45度の角度で屋根の角に付くのですが今回はそれが(振れ)ています。
これを加工するのには(規矩術)という独特の算出方法を使います、
大工ならではの技術で、宮大工さんなら皆さん習得しています。
私も多少心得てはいますが

この部材一つの取り付けに大工の技が生きています



Posted by アイデア大工さん なかじ │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。